精神疾患の治療中の人を魔女志願者として受け入れない理由

もし、魔女になりたいという方がいらっしゃったら、”精神疾患の治療中ではないことは必須条件”です。
これはどこの魔女のグループでも同じです。

今回はその理由についてお話しします。
それは・・・ズバリ!!
治療中の人が魔女の訓練を受けると危険だからです。


・神秘体験中は狂気に繋がるほどの変化が脳内で起こる

・魔女のイニシエイションを受けると大きな変化が起こる

・判断力が落ちている

・禅でいうところの魔境に陥りやすい

神秘体験中は狂気に繋がるほどの変化が脳内で起こる

これは過去記事”魔法と言われるものの正体”で書いた通りです。

南米のシャーマンはその状態を作り出すためにアヤワスカという幻覚作用のある植物を用いるといいます。

沖縄のユタ(シャーマン)だという女性は神だーり(表記は色々)という傍から見ると異常な精神状態を経験し、克服した後にユタとなったそうです。
(※ユタという呼び方は蔑称なのだそうです。そう言えば魔女を含むペイガンも蔑称ですね。)

魔女のイニシエイションを受けると大きな変化が起こる

イニシエイションを受けると大きな変化が起こります。
魔女の信仰に不必要なものは削ぎ落されるとも言われています。
それは試練とも思われるようなものなので、精神的にはきつい変化となります。

判断力が落ちている

精神的に不安定な時は何かに依存したり、判断力が落ちます。
そんな時に甘い言葉をかけられ誘惑されたら・・・
おかしな方向に導かれ全てを失ってしまう可能性もありますね。

禅でいうところの魔境に陥りやすい

坐禅や瞑想中に神仏や高次の存在に出会って幸せな気持ちになったら、悟りを開いた、次のステージに上がったと思い込みエゴが肥大してしまう。
「私は選ばれた人間だ!」とかって・・・ね。
とんでもない勘違いをしてしまうわけですよ。

その状態を魔境と呼びます。

神秘体験中の人の脳内は狂気に通じる変化が起きていると言いましたよね。
冷静な目で見れば脳内麻薬とも呼ばれる物質が出ている状態なのです。

ですから、精神疾患の薬を服用している方はNGということになります。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る