感染予防とペストマスク

マダム エクレールです。
外に出る時はマスクをしています。

新型コロナウイルスの感染拡大で日本国内では相次いでイベントが中止されています。
国外でもヴェネツィアのカーニヴァルが23日以降中止となりました。

カーニヴァルの仮面は、狭い場所に多くの人が住んでいるヴェネツィアで素性を隠すために被っていたのだとか。

素性を隠す目的ではなく、ペスト医師が感染予防のために被っていた『ペストマスク』というのもあります。
鳥のような仮面で嘴のような部分にハーブを入れて瘴気から身を守っていました。

それで感染予防ができたのかは謎ですが・・・不気味ですねえ・・・

人が密集していて運河の多い土地柄、中世ヨーロッパで猛威を振るったペストの災禍、『ベニスに死す』という映画の中では疫病が流行っていました。

感染者が確認されるとイタリア政府が素早く非常事態宣言をしたことからも見て取れるように感染症対策にはかなり気を使っているはずです。

感染予防は正しい知識で

世界で感染拡大している新型コロナウイルス。
やはり感染予防するためには正しい知識を持つことが重要です。

とは言うものの”新型”ですから専門家でもまだまだ分かっていないことが多いかと思います。
しかし、どのような感染症でも必ず手洗いだけは徹底するようにしましょう。

詳しくは東北医科薬科附属病院のサイトから感染予防ハンドブックをダウンロードできますのでご活用ください。
「新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック」ダウンロードページ

消毒は家庭に患者さんがいらっしゃらないのなら、消毒用アルコールで十分かと思います。
次亜塩素酸ナトリウムは使用法を誤ると危険ですから。
(ちなみに私は元医療従事者です!)

消毒用アルコールがなければ、中性洗剤で代用できるそうです。
中性洗剤はいろいろな種類がありますので用途によって選んでくださいね。

無水アルコールが手に入るのなら精製水で薄めて消毒用にすることもできますよ。
無水アルコール4:精製水1強の割合で混ぜてください。
そのままですと肌への刺激が強く消毒効果も期待できません。

それでは皆様、くれぐれもご自愛ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る