先の保証なんてない!

この記事は1分で読めます

14日から地震が続き

「悠長に構えている場合ではない!」
と感じました。

今までどこかで
時間はたっぷりあるから
という気持ちがあったのです。

肉体の寿命はまだまだ先ですが
それまで生きられるという保証はありません。

当たり前だけれども
ついつい忘れてしまいがちなことを
しっかり思い知らされました。

しかも昨夜は

仲間のコーチとスキルを磨くために相互コーチングを
していたのです。

そこではっきりと気づきました。

私はまだ本当にやりたいことをしていない!

これでは死んでも死に切れません。

昨夜のコーチングで無理だと封印していた夢を思い出しました。

その夢とは
学校を創ること!

下の動画は
昨夜の相互コーチングに同席していた師匠から紹介されたものですが
日本が世界でも最も恵まれた国でありながら
国民があまり幸せを感じない原因はこれだ!
と思ったのです。

だから・・・
失敗にもめげず粘り強く夢や目的を達成できる
そんな人材を育てたいのです。

今はそういう生き方は泥臭い、とかダサいというイメージがありますが
私はそれこそがカッコよくて人間として幸せな生き方
なんじゃないかって思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。